ウエアハウス(WARE HOUSE)ジーンズの歴史と魅力



ウエアハウス/WARE HOUSE

1995年、ビンテージジーンズの再現を目標に塩谷兄弟によって創設されたウエアハウス。

「アメリカの古着倉庫」の意を持つブランド名「ウエアハウス」に裏打ちされるように
現在までに数々のレプリカウエアを手掛けてきた。
そんなウエアハウスの魅力はなんと言ってもその頑なにビンテージウエアの復元を追及するところにあると思う。
レプリカジーンズブームが一段落した後、他ブランドが様々な方向転換、方向性の拡大を試みる中でも
ウエアハウスは一切このコンセプトを崩すことなくウエアを作り続けてきた。
リリースするものほとんどにオリジナルの元ネタが存在すると言うのだからあっぱれだ。

そのコンセプト&こだわりはジーンズ1本においても全く変わる事はない。
例えばコットンを紡績し糸を生成する際、
強く撚ることによって、染色の際に糸の芯までインディゴが染まりにくくする強撚糸を開発。
その強撚糸を縦糸に用いたデニムがウエアハウスのジーンズの色落ちをより高みのものとした。
この強撚糸の開発が点から線へと繋がるXX特有の色落ちをより具現化できたと言えよう。

ウエアハウスのジーンズへのこだわりはまだまだ終わらない。
縫製でもアメリカ製のミシンを導入し、ステッチ幅等は全てインチサイズで仕上げるといった拘りだ。
パッカリングと呼ばれる縫製糸や生地の縮みによって巻き縫い部に表れる縫い皺を再現するために針幅を広く取ったり、
生地の巻き込み回数を増やす。
この異常とも言えるウエアハウスのこだわりが、徐々にジーンズマニアには堪らない表情へと姿を変えていく。

ボタンやリベットといった細かい金属パーツや、
革パッチや赤タブのようなブランドを主張する一つ一つのパーツに対するこだわりもしかりだ。
ウエアハウスのフラッグシップモデルである1001XXには、
鉄製のボタン、銅メッキを施した鉄製のリベット、鹿革パッチ、レーヨンタブといったこだわりのパーツが採用されている。
こういったパーツ類も時間とともにデニム生地の色落ちと同様、経年変化を存分に味わえるよう計算された素材となっている。
ただの飾りではなく、しっかりとジーンズの色落ちにを彩りを添える要素となっているのだ。
このように、糸やパーツの素材の時点から徹底的に経年変化にこだわって作られたジーンズはウエアハウスの真骨頂と言っても良いだろう。

まだまだ語りきれない部分はあるが、極め付けはこれだ。
ビンテージジーンズを再現するにあたってレプリカジーンズにはどうしても真似できないのが「時間」だろう。
どれだけディテールを作りこんでもビンテージジーンズが経てきた「時間」だけはレプリカに再現できるはずがない。
声を出して口にはしないがジーンズマニアの誰もが確信的に感じていた大きな壁がそこにはある。
ウエアハウスはそのビンテージが経てきた時間までも再現すべく、
生地に酸化を促進する酸化剤を混入するという前代未聞の試みにチャレンジしたことは周知の事実だ。
(注意:現在、この酸化剤が混入された生地は生産中止となっている)
ウエアハウスが挑んだこの試みが「正解」だったのかどうかという議論はどうでも良い。
ここで言いたいのは、この「発想」こそがウエアハウスのジーンズを象徴する拘りと言えるのではないだろうか。

ここまで読んで頂ければウエアハウスのジーンズが、こういったおよそ常人には理解できないであろう、
細部にまで至るディテールへの拘りを凝縮したスペシャルなジーンズであるということが少しは理解して頂けたと思う。
当サイトではそんなウエアハウスのジーンズを新品はもちろん、
色落ちレポートや色落ちサンプルといった経年変化を経た(経ていく)形でも多数掲載しているのでぜひともご覧になって頂きたい。
実際に見ることで、その揺らぐことのない高い完成度をさらに深く知ることができるはずだ。

余談だが、ウエアハウスは取扱店とタッグを組み別注ジーンズやオリジナルジーンズを豊富に生産している。
取扱店が様々なオーダーをかけ、それを別注ジーンズ、またはショップオリジナルジーンズとして販売している。
ショップのオリジナリティーを散りばめたものやより本物に近づけようとしたもの、
シルエットを変更したものなど数え切れないジーンズが存在する。
中にはあるブランドとタッグを組み、そのブランドのジーンズの生産をウエアハウスが引き受けてるケースもある。
これはウエアハウスのジーンズが信頼されてる証であり、それを実現してくれる器量を持っているブランドであるという事だ。

今は惜しくもなくなってはしまったが、ウエアハウスには数年前までセミオーダーなるシステムも存在した。
このセミオーダーシステムは、生地やシルエット、パーツ等を
ウエアハウスが指定するものの中から自由に自分好みに組み合わせオーダーできるというもので
レプリカジーンズブランドととしてある程度の地位を築いていたウエアハウスが
個人のオーダーに対応するという素晴らしいシステムだった。
この素晴らしいセミオーダーシステムは現在も多くのファンから復活が望まれている。

近年のウエアハウスはコンセプトやテイストの異なったアイテムを数レーベル(下記参照)で展開し、
かなり奥深いマニアックなワークウエアなどを多数リリースしながらも、新たなジーンズも意欲的に開発し続けてる。
アメカジの中でもとりわけ”ワーク”という括りで考えれば、間違いなくウエアハウスが頭一つ抜きん出てると言えるだろう。

ウエアハウス/WARE HOUSEのジーンズラインナップ
1000XX(酸化剤入りのXXモデル。2007年に満を持して復活!)
1001XX(40年代のXXをイメージしたモデル。厳選された単一混綿/メンフィス綿の強撚糸を使用)
1001XX REAL WWU(歪な縫製を再現した大戦モデル)
1000[1000XX](40年代のXXをイメージしたモデル。強撚糸が初めて採用されたモデル)
1000[1001XX](40年代のXXをイメージしたモデル)
1002(Lee 101 COWBOY モデル)
1003(大戦モデル)
1004(シンチ付きXXモデル)
1008(ラングラー11MWのプロトモデル)
1010(Lee 101 大戦モデル)
1110(ビッグEモデル)
1100(66モデル)
1107(517モデル
1505(551ZXXモデル))
101 WWU(JCペニーのフォアモストが大戦時に生産していたモデル)
1601(マイナーブランド「ブラックベア」のビンテージを再現したモデル)
1602(スクエアポケット、左革パッチというレアなLee 101を再現したモデル)
1880'S ボスオブザロード(1880年代のボスオブザロードのウエストハイオーバーオールを再現したモデル)
1000XXや1001XXといった定番が生産中止となった後、新定番として登場した新シリーズ
WARREN/ストレート(1001XXのシルエット、1000XXの酸化デニムを継承した代表モデル)
WARREN/スタンダード(ダブルワークス660のシルエット、1000[1001XX]の生地を継承したやや細身のストレート)
700/クラシック(純粋なウエアハウスネームでは初となる新シリーズの1本。30年代のディテールを備えたクラシックタイプ。生地は強撚デニム)
800/スタンダード(同じく新シリーズの1本で、50年代のディテールを継承しながらもやや細身のストレート。生地は酸化デニム)
800/レギュラー(同じく新シリーズの1本で、80年代のディテールを継承した耳なしデニムのレギュラータイプ)
ダブルワークス/DUBBLE WORKSのジーンズラインナップ
DW1001(生産中止となったウエアハウスの1001を復活させたモデル。ウエアハウスネームではなくダブルワークスネーム。生地は酸化デニム
DW5P(力織機で織った14ozの赤耳デニムながら12000円を切ったスペシャルバリューモデル)
DW5PZ(60年代の505をイメージしたジッパーフライタイプ)
309XX(40年代のXXをイメージしたモデル。廉価版)
330(ビッグE〜66前期のディテールを再現したジーンズ)
360(70年代のブッシュパンツをイメージ。ストレートタイプ)
363(70年代のブッシュパンツをイメージ。ベルボトムタイプ)
603(シルエットを現代風にアレンジしたブーツカットタイプ)
660(シルエットを現代風にアレンジしたストレートタイプ)
ダックディガー/DUCK DIGGERのジーンズラインナップ
1900(4ポケットスタイル、ベルトループなし、サスペンダーボタン仕様のタイプ。縫製はオールシングルステッチ)
1920(ベルトループ、バックシンチ装備のタイプ。まだリベットは使われていない)
1930(ベルトループ、サスペンダーボタン、バックシンチ、リベットとワークウエアの全てを装備したタイプ)
1940(大戦期の簡素化された仕様を再現したモデル。リベットは省略)
1950(簡素化が解かれ、リベットが復帰。完成形の5ポケットジーンズ)
NORTHERN CAL(ダックディガーのシリーズ中最高峰に当たるジーンズ。レザーでの補強や1枚仕立ての前タテなど豪華な仕様を持つ。生地は強撚デニム)
DD01/HEYNEMAN Type1(10年代のエロッサーハイネマン社製のワークパンツがモチーフ)
DD03/Mechanic fatigue(10年代のワークパンツがモチーフ。アウトシームに継ぎ目がなく、股の縫いあわせにはマチが付く。縫製糸もネイビー)
DD11/OLD DRY(1800年代中期から後期のディテールを有すオールドモデル。10オンスのミドルオンスデニムを採用)
DD107/THE SECRET(20年代の5ポケットがモチーフ。バックシンチ、サスペンダーボタン、ベルトループとウエストを調整するパーツが全て装備される)
DD14/RAIL ROADER Type1(バックポケットが片方のみのワンポケスタイルでありながらもウエストを調整するパーツが全て装備された異色なモデル)
ヘラーズカフェ/HELLER'S CAFEのジーンズラインナップ
ワンポケットBBパンツ(1800年代後半から1900年代初頭に掛けて製造されていたワークパンツがモチーフ)
BBパンツ/Rip-proof(2ポケットスタイルへと変わった1900年代初頭のワークパンツがモチーフ)
IDEAL BBパンツ(1800年代後半から1900年代初頭に掛けて製造されていた撚杢ストライプのワークパンツがモチーフ。それのデニム版)
Brown Duck Pants(1800年代後半から1900年代初頭に掛けて製造されていたブラウンダックのワークパンツがモチーフ。それのデニム版)
THE BLUE&GRAYのジーンズラインナップ
BG-061(テーマは「温故知新」XXをブルー&グレー流にアレンジしたオリジナルジーンズ)
BG-062(テーマは「温故知新」40年代の101カウボーイをブルー&グレー流にアレンジしたオリジナルジーンズ)


デニムギャラリー内で紹介している他のウエアハウス/WARE HOUSE
1000XX
(酸化剤デニム)
1000Z
(酸化剤デニム)
1000
[1001XX]
(投稿)
1001(Wパッチ) 1001XX
10周年記念
NEW 1001XX
(2006)
1001XX
CHAOS
1002 1003XX
1999LTD
1003XXLTD
1004XX
10周年記念
1008 1010 1107 WHOT-008
色落ちレポート
SUFU 660
SUFU 660
色落ちレポート
第1回
SUFU 660
色落ちレポート
第2回
SUFU 660
色落ちレポート
第3回
SUFU 660
色落ちレポート
第4回
SUFU 660
色落ちレポート
第5回
1001XX LTD
1001XXLTD
色落ちレポート
第1回
1001XXLTD
色落ちレポート
第2回
1001XXLTD
色落ちレポート
第3回
1002Z
1002Z
色落ちレポート
第1回
1002Z
色落ちレポート
第2回
1002Z
色落ちレポート
第3回
関連ブランド
ダブルワークス
330
DUBBLE WORKS
ワールドコレクションズギャラリー
700
800
1003XX
Lee×WAREHOUSE WHITE LABEL
1940's COWBOY PANTS
SUFU 660


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション