リアルマッコイズ&ジョーマッコイ:ジーンズの歴史と魅力


リアルマッコイズ&ジョーマッコイ

ザ・リアルマッコイズは1988年にわずか1型のA-2からスタートした
フライトジャケットをラインナップの中心としたアメカジ(ミリタリーアイテムが中核を担う)ブランドで、
フライトジャケットマニアの間では知らない人がいないと言っても過言ではない、もはや伝説のブランド。
そんなリアルマッコイズが手掛けてきた数々のフライトジャケットは、発売される度にマニアを唸らせてきた。
そして、マニアの間では、
リアルマッコイズが手掛けたフライトジャケットは本物=オリジナルを超えたオーバースペックと賞賛されてる。

ジーンズに関しては1993年にマッコイ・ワーク・クロージングというブランド名で大戦モデルをリリース。
そして96年にはLeeの101をマッコイズネームではなく実名復刻という形で発売。
フライトジャケットマニアのみならず、ジーンズマニアの度肝を抜いた。
その後翌年の97年にジョーマッコイというブランドで遂にレプリカジーンズ業界へ本格参入した。

こうしてジョーマッコイを立ち上げ、レプリカジーンズ業界に飛び込んだリアルマッコイズだが、
そこはマッコイズ。単にブランドネームを変えただけではなかった・・・

実在した人物「ジョセフ・ゲイティング・マッコイ」を基にした架空の時代設定により、
ブランド誕生からモデル変換の経緯までの詳細なブランドヒストリーを作り上げたのだ。
このジョーマッコイのブランドヒストリーにより、ジーンズ1本1本にまるでオリジナルのようなストーリーが生まれた。
新品を手にした瞬間、まるでデッドストックを手に入れたかのような気持ちになれたのは後にも先にもマッコイだけだろう。
あくまでも作られた架空のヒストリーなのだが、
マッコイズならではの綿密に作り上げられたストーリーは多くのマニアを虜にした。
そしてそんなマッコイズが作り上げたジョーマッコイのジーンズは
単なるレプリカジーンズとは呼べないジーンズへと変貌を遂げたのである。

そんなジョーマッコイのジーンズがまだ販売されてた当時、
その独特な色落ちがマニアに賛否両論を巻き起こしたというのも有名な話である。
ジョーマッコイの901(上画像)はその激しい縦落ちを生むストラクチャーデニムによって、
レプリカジーンズ本来の目標であるビンテージジーンズとはまったく異質の色落ちを示した。
この当時の業界内では異例とも言える独特な色落ちがマニアの支持を二分したというわけである。
ビンテージジーンズのファンが異論を唱える一方、その縦落ちが熱狂的なファンの支持も得た。
この色落ちという観点でも、当時からリアルマッコイズが他のブランドとは一線を画していたという事実を証明できるだろう。
ブランドが消滅してしまった今でも根強いファンが多く、
旧ジョーマッコイのジーンズはネットオークションなどで現在も高値をつけている。
特にXH(エクストラヘビー)のつく品番が新品ともなるとにわかには信じられない値段で取引されている。
レプリカジーンズの世界で言えば、いくら限定とはいえこうした高額なプレミアが付くことはほとんどなく、
いかにリアルマッコイズがアメカジファンのハートをがっしりと掴んだブランドであったかということが伺える。

このような他に類を見ない企画を打ち出し、ミリタリーマニアのみならずジーンズマニアをも手中にしたリアルマッコイズ。
しかし様々な理由により、2001年に倒産。それと同時にジョーマッコイも消滅した。

現在はNYLON(ナイロン)が親会社となり、新生リアルマッコイズとして復活。
ジョーマッコイとはまったくコンセプトの違ったジーンズを数型リリースしている(下記参照)
新生リアルマッコイズのジーンズもただのレプリカとは言えないものが多く、
素材や生地、ディテールに至る細部にまで凝った作りは健在で、ジョーマッコイとはまた違った魅力がある。
ミリタリーブランドとして絶対に外せない大戦モデルを始め、リアルマッコイズにしかできない拘りが凝縮されたラインナップだ。
どこかリーバイスとLeeを足して2で割ったような独特なデザインと、
ジョーマッコイとは違った色落ちが徐々に人気を集めてきている。
ちなみにファンはジョーマッコイ時代を含めた旧体制のリアルマッコイズを、
旧リアルマッコイズ(旧マッコイ)として新生マッコイズと差別化し神格化している流れもある。
もはや伝説と化した、旧リアルマッコイズの後継になるわけだから厳しい意見もあるが、
何事も食わず嫌いは良くない。是非とも新リアルマッコイズのジーンズも試して欲しい。
ジョーマッコイのジーンズとはまた違った魅力を存分に味わえるだろう。
私個人の意見としては、ミリタリーアイテムに関してはあまり詳しくないので述べることはできないが、
ことジーンズに関して言えば、クオリティの面では全く遜色のない作りと言えると思う。
旧リアルマッコイズと新生リアルマッコイズではそもそも趣向の違うジーンズなので比べること自体がナンセンスとも思うが、
私個人としては色落ちや作り、価格、入手難度などトータル的に考えると新生リアルマッコイズの方に軍配をあげたい。

リアルマッコイズにはこれからもこういった他ブランドには到底真似できない
「ワクワク」できるアイテムをぜひ作り続けて欲しいものだ。

※追記
そしてあれから久しい2009年。遂にジョーマッコイが復活を遂げる。
新マッコイが今後どのようにジョーマッコイを発展させていくのか非常に楽しみだ。
新たな「枷」となってしまわない事を心から願う。

ザ・リアルマッコイズ/THE REAL McCOYSのジーンズラインナップ
S613(リアルカウボーイパンツ)
S613A(大戦モデルをイメージ)
S614(デュードランチパンツ)
S611(初期型の大戦モデルをイメージ)
S615Z(ブーツカットタイプ)
S617(フレアタイプ)
S600(1930年代のCOWBOYモデルをイメージ)
ジョーマッコイ/JOE McCOYのジーンズラインナップ
900(1800年代後半ウエストオーバーオール型をイメージ)
901(大戦モデルをイメージ)
901A(大戦モデルをイメージ。901とは生地やディテールが異なる)
901XH(901のへヴィーオンス版)
902(シンチ付きXXをイメージ)
902XH(902のへヴィーオンス版)
904(シンチ&サスペンダーボタン&ベルトループ併用のXXをイメージ)
905(40年代のXXをイメージ)
S905XH(905のへヴィーオンス版)
906(50年代のXXをイメージ)
S906XH(906のへヴィーオンス版)
907(50年代のXXをイメージ。東海岸向けと銘打った細身シルエット)
915(リアルライダースモデル)
919(ブーツカットタイプ)
807(ブラックジーンズ)


デニムギャラリー内で紹介しているリアルマッコイズ/THE REAL McCOY’S
901 901Z 906 S906XH
S613 S613XH パインリバー
PINE RIVER
ブーツ
ベアヘッド
ブーツ
デニムバッグ デニムキャスケット BUCO
エンジニアブーツ
色落ちレポート
S614
S614
色落ちレポート第1回
関連ブランド
トイズマッコイ
TOY’S McCOY
マックヒル/McHILL
555
NYLON(ナイロン)
オリジナルジーンズ
XXモデル


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション