ステュディオ・ダルチザン:SD-202

ステュディオ・ダルチザンのジーンズ、SD-202です。

ステュディオ・ダルチザンの代表モデルの中でもピュアインディゴシリーズ(右綾モデル)では
SD-101とSD-103あたりがフラッグシップモデルとなるのでしょうが、
このモデルは生地が違い、価格もワンランク落ちるモデルとなっています。
縮まない生地を使用しているらしいのですが、この状態ではノンウォッシュの時を想像すらできません(笑)

まずフロントを見ていただきたいのですが、ステッチみたいな縦線が見えますでしょうか?
これはステッチではなく、線状に染めてあるみたいなんです。
これはなんなんでしょう?謎です。ちなみにこの線は裾まで続いてます。

それにしても凄いダメージです。買ったときからある程度補修されていたのですが、
お得意の布用ボンドでさらに補修しました。
一体、どれ位穿き込めばここまでのダメージになるんでしょう?
バックポケットもパックリ穴が開いていたので、裏から生地を当てて貼り付けました。

裏をめくるとあて布だらけです(笑)
シルエットはかなり太めだと思います。このジーンズも緑っぽい色落ちですね。
このジーンズは外に穿いていけません(笑)家でも穿きませんが(笑)

ダメージ箇所のアップです。
裾は新しい生地を貼り付ける前はほんと凄かったです。
多分レングスカットせずそのまま引きずって穿いていたのでしょう。
それにしてもこんなワイルド穿きは僕にはできません(笑)
可愛らしい雰囲気を漂わせてるステュディオ・ダルチザンのジーンズをワイルド穿きするなんてかなりの強者と見ました(笑)


STUDIO D'ARTISAN(ステュディオ・ダルチザン)SD-202│の〆

ステュディオ・ダルチザンって個人的に飾りステッチとかパッチとかかなり好きです。
ただ、このモデルは価格も安い部類に入るので、フラッグシップモデルに比べるといまいちな色落ちだと思います。
縦落ちではなくノッペリ落ちです(笑)
自分的にはここまで穿き込んだ物よりも、濃い目なのにメリハリがある色落ちが好きなので
最低50%くらい色残りのある状態のものも見てみたい気もしますね。
ここまで色落ちしていると、色落ちがどうだとかって語る次元を超えちゃってると思います。
色落ちよりも、1本をここまで穿き込んだってことに意味があると思います。
04.5/25



デニムギャラリー内で紹介しているステュディオ・ダルチザン/STUDIO D’ARTISAN
SD-001 SD-101(1) SD-101(2) SD-105
(投稿)
SD-202 X's-26 X's-27 チェーン刺繍
デニムキャップ
色落ちレポート
D1002
D1002
色落ちレポート
第1回
D1002
色落ちレポート
第2回
D1002
色落ちレポート
第3回
関連ブランド
BYE MR.T
バイミスターティー
BMT-004
シーサージーンズ
SJ-5
ワールドコレクションズギャラリー
SD-101
SD-103
SD-105
SD-003
D-1002
X's-26


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション