スティディオ・ダルチザン:D1002

色落ちレポート第3回
着用期間 約1年程度
洗濯回数 1回

ステュディオ・ダルチザン「D1002」色落ちレポート第3回

第3回です。
今回も例のごとく正確なデータは取っておりませんので、
大体1年くらいだろうというアバウトなレポートです。
毎度申し訳ないですm(_ _)m

今回も前回の画像と比べられるように、マウスポインタを画像の上に乗せると前回の画像と切り替わるようになってます。
また、画像をクリックすると拡大表示されますのでもっと大きい画像で確認したい方は画像をクリックしてみて下さい。

結構変わりましたよね?
毎日穿いてる分にはここまで変化してるということは実感できないものですが、
こうして画像を撮影して比べてみると一目瞭然。
まあ、これが色落ちレポートの醍醐味と言えましょう。

ちにみにですが、今回の画像撮影の2ヶ月くらい前に一度洗っております。
できる限り洗わないつもりでは居りましたが、ダメージも酷くなってきたのでリセットする意味でも一度洗濯しました。
案の定更にダメージが表に表れてきましたが、そこは近所のお直し屋さんで直しつつしぶとく穿き込みました。




部分的に比べても色落ちの進行具合やパーツの経年変化を見て取れます。

ヒゲは正直そんなにジャストで穿いてたわけではないので鋭くは付きませんでした・・・が、
今回洗わず穿いて分かったことですが、
そこまで鋭く皺が付かずとも色の落ちたところとそうでない部分の段差ができるため、
実際の皺の具合以上に濃淡を感じることができます。
戦前のビンテージに洗わずに穿き込んだと思われる個体が多くありますが、
あの時代のオンスが軽い生地であの色落ちってこういった事も関係してるのかな?なんて思いました。
これはある意味収穫ですね。

膝裏なんかはご覧のとおり凄まじい蜂の巣を形成しておりますが、
ここは前回も書いたとおり膝が絞りこまれたシルエットのためキツかったのでこういう結果になりました。
左綾でこれですから右綾でジャストサイズの生穿きをすればもっと凄いんじゃないでしょうか?

横からの図も比べて下さい。


STUDIO D'ARTISAN(ステュディオ・ダルチザン)D-1002:色落ちレポート第3回|の〆

一年穿き込んだ感想としては、色落ちがとにかく早いです。
今まで様々なレプリカ系のジーンズを穿いてきましたがこれはその中でもトップクラスに早かったです。
中々ジーンズを穿き込む時間の限られる方にはプラスな面だと思います。

そして縦落ち。
これは左綾ならではの派手でシャープな縦落ち感、
更に横糸がグレーということもあって独特な色味も味わえます。
ここは好みの分かれる部分だとは思いますが、
上の画像を見て気に入った方は十分購入を検討しても良いと思います。

生地が薄くなってるきてる部分もあったりしてこれまで通りに穿き込むことはもうできないためレポートは今回で一応終了と致しますが、
今後もちょくちょく穿いていくと思いますので気が向いたらまた更新したいと思ってます。

ではでは(^_^)/~
13.8/14



デニムギャラリー内で紹介しているステュディオ・ダルチザン/STUDIO D’ARTISAN
SD-001 SD-101(1) SD-101(2) SD-105
(投稿)
SD-202 X's-26 X's-27 チェーン刺繍
デニムキャップ
色落ちレポート
D1002
D1002
色落ちレポート
第1回
D1002
色落ちレポート
第2回
D1002
色落ちレポート
第3回
関連ブランド
BYE MR.T
バイミスターティー
BMT-004
シーサージーンズ
SJ-5
ワールドコレクションズギャラリー
SD-101
SD-103
SD-105
SD-003
D-1002
X's-26


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション