ホワイツ スモークジャンパー スウィングラスト

WHITE'S/ホワイツのブーツ、スモークジャンパー(スウィングラスト)です。

ホワイツブーツ第7弾!前回に引き続き今回もスモークジャンパーです。
ただし、今回はただのスモークジャンパーではありません。
どちらかと言うとバウンティーハンターに近い仕様になるのかな。と言いますのも、
このスモークジャンパーのラストは通常使われる物ではなく「スウィングラスト」なんですよね。
もちろん、自分で指定した部分なのですが、
このスウィングラストは、ホワイツが少し前に一部のセミドレス用に用意したラストで、
昔使っていた古いラストを復刻したものということらしいです。
最近では日本限定のホースハイドセミドレスに使われていたのでご存じの方も多いのではないでしょうか?
このスモークジャンパーはそんなスウィングラストを使って作ってくれとオーダーしたものになります。
つまり、セミドレス用のラストを使ってるため、どちらかと言うとバウンティーハンターに近い仕様なのかなと思います。
とにかくこのスウィングラストが他のラストとどう違うのか試したかったので、
他のラストとの違いを正確に比較できるようにいつものスモークジャンパーの6インチハイトタイプでオーダーしてみました。
これで同サイズ&ワイズのスモークジャンパー、バウンティーハンター(セミドレス用ラストのスモークジャンパー)、
そしてこのスウィングラストを使ったスモークジャンパーの3足で見た目や履き心地を比較できます。
もう1足トウキャップのないバウンティーハンターをアップした後、別ページで3足の比較レポートを書こうと思ってます。

レザーはスモークジャンパーでは標準で使われてるレザーで、
正式には「プレミアムフルグレイン,オイルタンド,ウォーターレジスタントレザー」という長い名称のレザーです。
日本では簡単にブラックドムなんて呼ばれてますね。
でも、実はオーダーの際、僕がそのブラックドムを指定したわけではなく、
違うレザーでオーダーしてたのに間違ってブラックドムで作られてしまいました(苦笑)
まあ、返品するほど気に入らないわけでもないし、
今までブラックドムのホワイツは所有してなかったのでこれはこれでヨシとしてこのまま履くつもりです。


まだ室内で試し履きしかしてない状態で撮影したので、
甲を曲げてできた皺以外はほとんどノーダメージです(笑)

それで今回は意外と知られてない豆知識を一つ。
知られてないというか、誰も気にしてないって方が正しいかもしれません。
まずは上のバックステイの画像をよく見て下さい。
通常の6インチハイトのスモークジャンパーとは縫製がちょっと違うことに気付きました?
普通は6インチハイトのスモークジャンパー系のブーツでは、



↑こんな感じのバックステイになってるはずです。
上のような三角(底辺がないので三角ではないか・・・)と言えば良いのか、
山みたいな形なのでマウンテンと言えば良いのか、
はたまたVを逆さまということで逆Vとでも言えば良いのか、
とにかくこの尖ったステッチ(以下、逆Vと呼びます)が入るのは基本的に8インチハイトからなのですが、
6インチハイトでも、標準装備であるプルループを「なし」と指定すると、
この逆Vステッチが入ったバックステイに変更されます。
僕は個人的にこの逆Vステッチの入ったバックステイの方がセクシーで好みなので、
これに気付いてからはプルループなしの指定でオーダーすることが多くなりました。
ウエスコのボスも以前はバックステイにこの逆Vステッチがあったのに今では省略されてしまったので、
個人的には凄く残念な部分です。バックルにも同じことが言えますが・・・
話が逸れてしまったので話を戻しますと、
このプルループがなくなることで多少使い勝手は悪くなるかもしれませんが、
6インチハイトなので致命的な影響はないと思います。
セミドレスなんて元々ないわけですし(セミドレスは5インチハイトですが)
あとはまあ、ホワイツだけに指定してもその通りにやってくれない場合もあります。
実際、先日アップロードしたブラウンドレスのスモークジャンパーも、
実はプルループなしの指定でお願いしたのにプルループありの普通のバックステイで来ました(笑)

ちなみに、基本的には8インチハイトからと書きましたが、
8インチ用のデバイスをカッティングした7インチにはプルループありでも逆Vステッチが入る場合があります。
ただし、7インチでも逆Vステッチが入らない場合があるのでどんな使い分けになってるのかは正確には分かりません。
おそらく7インチでもプルループなしと指定すれば逆Vステッチ入りのバックステイで来ると思うのですが、
オーダーしたことがないので確実な事は言えないです。
それに7インチハイトになるとプルループなしは不便かもしれませんね。


ソールはビブラムの#700を半分にカットした物で、
コンポジションハーフソールと名付けられた、ホワイツが最近解禁したオプションの一つです。
最初からハーフソールとして作られてる#705ではなく、なぜこういった形にしたのか真意は不明ですが、
まあ、ほとんど同じようなものなので細かい事は気にしません。

端に釘を打って膨らんだ底にソールを密着させながら、
ダブルで縫ってるところがウエスコや福禄寿のボブステッチ式と違って特徴的ですね。

普通の#700と違って当然ヒールにソールがサンドされないため、積み革が追加された状態で仕上がってきます。
やっぱりヒールはトップリフトを除いて積み革だけで構成されたものの方が見た目的に僕は好きですね。

また、ヒールに関してはスウィングラストと聞くとどうしても日本限定のホースハイドセミドレスのイメージから
ブロックヒールを想像してしまいますが、普通にこういったカーブヒールを指定する事も可能です。
当然ウェルトのステッチもシングル、ダブルのどちらかを選べます。

それでは改めてこのスモークジャンパーの主な仕様です。
ベースモデル名:スモークジャンパー
※セミドレス用のスウィングラストを使用
レーシングスタイル:レギュラートウ
ハイト:6インチ
レザーマテリアル:ブラックドム(本来オーダーしたものとは別)
ハードウエア:カッパー
ミッドソール:シングルレザー
ステイン/エッジ:ブラウン
アウトソール:ビブラムコンポジションハーフソール
トップエンド/トリム:カットオフトップ
ワイズ(ウィズ):C
トウボックス:セラスティック(非鉄)
オプション:レザーライニング
シューレース:ロンウルフのアクリルシューレース
その他:プルループなし指定、レーシングパターン指定
となっています。


ホワイツ/WHITE’S スモークジャンパー(スウィングラスト)|の〆

今回は一見なんの変哲もないスモークジャンパーですが、
実はなかなかの変化球といった感じの面白い仕様でした。
ここ最近のホワイツが新たに用意したスウィングラストやハーフソールといったオプションを利用してみました。
今後じっくり3足を履き比べてどれが一番自分に合うのか吟味したいと思います。
もう1足アップしてからですが、比較ページも「SPECIAL」にて公開予定ですのでお楽しみに。
そのページでこのスウィングラストについても改めて詳しい感想を書きたいと思ってます。
10.12/27



デニムギャラリー内で紹介している他のホワイツ/WHITE’Sのブーツ
セミドレス/カスタム
ウォーターバッファロー
シェンナ
スモークジャンパー
レーストゥトウ
ウォーターバッファロー
バーガンディ
セミドレス
ディストレスド
ラフアウト
バウンティハンター
2トーン
withレザートウキャップ
バウンティハンター
クラシックブラウン
withレザートウキャップ
スモークジャンパー
レギュラートウ
ブラウンドレス
スモークジャンパー
スウィングラスト
ブラックドム
バウンティハンター
クロムエクセル


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション