ホワイツ/WHITE’S バウンティハンター/クラシックブラウン

WHITE'S/ホワイツのブーツ、バウンティハンターです。

季節外れですがブーツです。
まだアップできてないブーツがあるので、これからもちょくちょくアップしていく予定です。
今回はホワイツブーツの第5弾となりますバウンティハンターでございます。
バウンティハンターに関しては以前アップした、
レザートウキャップつきの2トーンバウンティハンターのページで詳しく書いたので割愛させて頂きますが、
このバウンティハンターもツートンではありませんがレザートウキャップ付きのブツですね。
順番が逆になってしまったのですが、実はこっちの方が先にオーダーしたものなんです。
ですのでだいぶ前にオーダーしたものになります。
そして、現在僕が持ってるホワイツの中で実質最も着用頻度が高く、
それ故、エース的存在とでも言えましょうか。

これまでいろいろ買ってみて気付いたんですが、
フレンチカーフとかウォーターバッファローとかのオプションレザーや、
派手な2トーンなどの所謂色物は確かにかっこいいし僕自身も大好きなんですが、
特に色の落差が激しい2トーン物なんかは、
コーディネートに上手く溶け込ませるとなるとなかなかに難しかったりします。
要は僕自身のコーディネート能力に問題があり、完全な自身の力不足ですね(苦笑)
ブーツに罪はありません。
ブーツをあえて目立たせるようなコーディネートしか今のところ考えられてません。

その点、このバウンティハンターはコーディネートにも自然と馴染んでくれるし、
履き込むごとに味が出てくる感じなんかは履いてて楽しいですし、
硬い革を自分に馴染ませていく楽しみもあったりします。
(それでもスモークジャンパーのオイルドレザーなんかに比べれば馴染みは早いですけど)
こういった理由からか、最も着用頻度が高いという部分に繋がってるのかと思います。
コーディネートとかをあまり感じず楽に履けるのでついつい手(足)が伸びてしまうという理由も大です(笑)

でも決して2トーンやオプションレザーが嫌いにになったわけでは全くなく、
今後また2トーンやオプションレザーでオーダーしてやろうかって考えてる最中ですけどね。
ブーツを単体として見ると、やっぱり2トーンやオプションレザーは今でも抜群にかっこいいなと思いますし、
あとは僕自身のコーディネート能力を上げていくしかないってことですね・・・

このバウンティハンターをオーダーする際に意識したのは、
以前アップしたセミドレスのディストレスド・ラフアウトと同様、ずばりミリタリーのサービスシューズです。
セミドレスがタイプ3(M-43)だったのに対し、このバウンティハンターはタイプ2(M-42)を意識してみました。
そのため、またまたレギュラーレザーではなく、
ホワイツで選べる革の中でM-42に使われてる革の色に一番近いと感じた
センティニアルブラウンという革をチョイスしました。
このセンティニアルブラウンという革は、バウンティハンター同様、WGOFさんが命名した名称のようですが、
他所ではクラシックブラウンとも呼ばれており、
どちらかと言うとそっちのクラシックブラウンという名称の方が浸透しているようですね。
スモークジャンパーのオイルドレザーよりは薄いし柔らかいけど、
フレンチカーフやウォーターバッファローといったオプションレザーよりは厚みも硬さもあるレザーです。
当然レザーライニングは必須ではありませんし、強度も十分に備えたレザーですね。
色的にはレッドウイングの現行で言う875と8875の中間といった感じで、
レッドとオレンジの中間色(レッド寄り)って感じでしょうか。
ただ、前にも書きましたが、この辺は製造時期によっても変わりますし、あんまり当てにしないで下さい(笑)
新品の時はもっと明るめの色だったんですが、
履き込んで半年に1度くらいオイルを入れてたらこの深い色合いに変化しました。
この色合いはかなり気に入ってます。

そして、タイプ2を意識してるので当然オプションでレザートウキャップを付けました。
本来ならストレートチップのようにパンチ穴が付いたトウキャップが付けられていますが、そこまでは再現できず。
今は日本限定でバウンティハンターをベースにしたカントリーというモデルや、
セミドレスをベースにしたモブスターというモデルがリリースされており、
それらにはパンチ穴が付いたトウキャップが付けられてます。
それをこのクラシックブラウンに応用したらもっと近くなるかもしれません。

トウやバックステイ、ヒールカウンターはこんな感じになってます。
冒頭でも書いたとおり、最も着用頻度が高いブーツなのでヒールがかなり減ってきています。
もうすぐヒールベースまで達しそうな勢いなのでそろそろ交換を考えた方が良いかもしれませんね。

それでは改めてこのバウンティハンターの主な仕様です。
モデル名:バウンティハンター
(スモークジャンパーのセミドレスラスト)
レーシングスタイル:レギュラートウ(RT)
ハイト:6インチ
レザーマテリアル:センティニアル/クラシックブラウン
オプション:レザートウキャップ
ハードウエア:アンティーク・カッパー
ミッドソール:シングルレザー
ステイン/エッジ:ブラウン
アウトソール:ビブラム#700(コンポジションソール)
トップエンド/トリム:ロールドトップ
ワイズ(ウィズ):D
シューレース:パトリックのコットンレース(平紐)
となっています。

今後の構想としては、アウトソールをツーピースタイプにして、ヒールを低くしようかと考えてます。
これでより一層、タイプ2チックになるんではないかと。
でも、まだソール交換するのは勿体無いな〜とも思ってて、
とりあえずヒール交換だけしてもっと履き込んでから変えようかな〜とも考えてます。
まあ、いずれにせよ恐らくツーピース&ローワーヒール仕様になることでしょう(笑)


ホワイツ/WHITE’S バウンティハンター(クラシックブラウンwithレザートウキャップ)|の〆

このクラシックブラウンという革はなかなか良いです。
スモークジャンパーやこのバウンティハンターはもちろん、
セミドレスに使ってもかっこいいですし、個人的にはほんとおすすめですね。
もしレザーマテリアルに悩んだら、ぜひこのクラシックブラウンも候補に入れてみて下さい。

さて、次はどうしたものか。
もちろんまだまだホワイツでいろいろやってみたい仕様はあるんですが、
最近は筒型(プルオン)ブーツが欲しい気分・・・
HATHORNのエンジニアブーツはいまいち好きになれない形だし、
やっぱりウエスコとかVIBERGあたりってことになんですかね。
トイズマッコイ(BECK)のエンジニアブーツも良いな〜。
ってことで、次買うとしたらラフアウトのエンジニアブーツならウエスコorVIBERG、スムースだったらトイズかな。
でもオックスフォード系って言うかローカットのブーツも欲しいな〜なんて思ってるので、悩むところですね・・・
09.8/24



デニムギャラリー内で紹介している他のホワイツ/WHITE’Sのブーツ
セミドレス/カスタム
ウォーターバッファロー
シェンナ
スモークジャンパー
レーストゥトウ
ウォーターバッファロー
バーガンディ
セミドレス
ディストレスド
ラフアウト
バウンティハンター
2トーン
withレザートウキャップ
バウンティハンター
クラシックブラウン
withレザートウキャップ
スモークジャンパー
レギュラートウ
ブラウンドレス
スモークジャンパー
スウィングラスト
ブラックドム
バウンティハンター
クロムエクセル


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション