レフトハンド/LEFT HANDのレザーサンダル

LEFT HAND/レフトハンドのレザーサンダルです。

レザーサンダルが欲しくなってネットでいろいろ探し周り、最終的に辿り着いたのがこのレフトハンドというブランドでした。
※その際のブログ記事「レザーサンダル買っちゃったよ!
まあ、早い話が自分なりに条件があってそれを満たしてくれたのがこのレフトハンドだったというわけです。

レザーサンダルと言えば輸入物のレザーサンダルが一般的ですよね。
みなさんご存知のビルケンシュトックを筆頭に、
ユッタニューマン、レインボーサンダル、サンダルマン、アイランドスリッパ、CHACOなどなど。
僕も始めはユッタニューマンを狙っていたのですが、いかんせ高いんです。
サンダルで4万円ですから・・・
もちろんそれなりの価値はあるのでしょうが、4万円という額はなかなか手を出せないってのが正直なところです。

そこでなにか良いものがないかなと探し始めたのですが、なんでもありだとキリがないので条件を設けました。
まずはカラー。今回は黒に決めました。
と言うのも、今自分の中で「黒」がブームなんですよ。
ブーツもそうですし、ベルト、ウォレット、バッグなどの小物なんかも今は黒を買い集めてるんです。
というわけで今回のレザーサンダルもすぐにカラーは黒と決めました。
そして上に挙げた小物類は全て茶芯(芯通しされてない染色)の黒を中心に集めてきたので、
今回のレザーサンダルも茶芯の黒ということで探し始めました。
ところが、この茶芯の黒という時点で選択肢がかなり少なったと言うか、見つけるの自体が困難な状況。
それでいろいろ探しまくって辿り着いたのがこのレフトハンドというわけです。
お値段は「安い」ってほどでもないんですけど、まあ、こんなもんでしょう。

こうしてレフトハンドに辿り着いたわけなんですが、
最初に見つけたのはこのストラップタイプではなく鼻緒タイプでした。
鼻緒タイプ良かったのですが、他にこのストラップタイプやストラップの部分がリングになったタイプもある事を知り、
そっちの方が欲しくなってきたんですね。

ただ、このストラップタイプのものはレザーが標準ではヌバックという仕様で、
鼻緒タイプに使われてるスムース(表革)はラインナップされてませんでした。
それでどうしようかな〜と迷っていたのですが、
取扱店をいろいろ見ているとこのレフトハンドは様々なショップ別注を受けてたんです。
カラーはもちろん、素材もいろいろ組み合わせたような別注を。
そこでダメもとで取扱店にレザーを変更したものを作ってもらえないかと聞いてみたら
なんと「大丈夫です」の返答が・・・
もうこの返答が決定的でしたね。
言うなれば個人別注といったところです。
即刻、レザーを鼻緒タイプと同じスムースで作ってくださいとお願いしました(笑)
そして注文してから約1ヵ月後に届いたのがこのレザーサンダルというわけです。
もう想像したとおりの出来上がりで、ほんとに買って良かったな〜と思いました。

ちなみに、お値段はレギュラーモデルと全く同じで追加料金はありませんでした。


レザーのみの変更なのでディテールはレギュラーモデルと同じだと思います。
甲のパーツを中央で合わせストラップで固定します。
そしてこのストラップ2本で甲の締め付けを調整してホールド感を自分好みにできるタイプです。
ビルケンシュトックで言うとZURICH/チューリッヒとほぼ同じデザインですね。
ストラップ用の調整穴は3つありますが、実際に履いてみると1つ目と3つ目ではかなり幅が違うので、
幅広な方から幅狭の方まで様々なタイプの足に合わせる事ができると思います。
靴紐のように微調整とまではいきませんが、
ストラップが2本あるので幅を狭くしながら甲は高めになんてセッティングもできなくもないです。
まあ、サンダルとしては優秀でしょう。
ただし、1つ目の穴と3つ目の穴では見た目がかなり違ってきちゃいますが。
やはりベルトと同じで中央の穴で留めるのが一番見た目的には良いです。

そして今回このレフトハンドを選んだ最も大きな要因である革。
断面を見てもらえばお分かり頂けると思いますが、
もろに断面が茶色で、表面にしか色が入ってないまさに茶芯の黒ですね。
なんなら甲のパーツの根元には染めてない箇所が見えるくらいで、
ほんと未染色の革の表面に黒を入れたという感じですね。
履き込んだらどのような経年変化を見せてくれるのか非常に楽しみな部分です。

踵部にはブランドのエンボスロゴが入ってます。
上から
GENUINE LEATHER
LEFT HAND
HAND MADE
です。

カラー以外の条件にもう一つ「ソール」がありました。
レザーサンダルと言えどレザーソールではなくラバーソールということ。
ブーツと同じで気兼なく履きたいのでこれは決めてました。
有名どころだと、ビブラムとかビルケンシュトックとかそのへんのソールですね。
そんでレフトハンドのレザーサンダルはもちろんこれもクリアしてました。
このストラップタイプに標準で装着されてるソールはビブラムの#4014です。
レッドウイングで言うところのトラクションソールですね。
鼻緒タイプには同じビブラムの#2021が装着されており、
それも良いな〜なんて思ったのですが、減りが早そうなのでそのままこの4014にしました。
ソールと底の革は糸で縫い付けられてるわけではなく、おそらく接着剤かなんかで接着されてると思われます。
まあ、いたってシンプルな構造です。もちろんソールの交換も可能でしょう。
このソール交換が可能というのも一つのポイント。
ブーツと同じようにソールが減ってきても交換して長く履けるといわけです。

履き心地の方もまずまずですよ。
ストラップでホールド感も調整可能ですし、トラクションソールの履き心地はみなさんご存知のとおりです。
底も表革なので裸足で汗をかいてくると若干足が中で滑る感はありますが、我慢できるレベルです。
強いて言うならば、
鼻緒タイプと違ってこのストラップタイプならば靴下を履いても履けるかな〜というのが
このタイプをチョイスした理由の一つでもあったのですが、
靴下を履いた状態だとかなり滑るので実用的ではないですね。
レギュラーのヌバックという仕様はもしかしたらこういう部分も考慮してこそのものなのかもしれませんね。
底だけヌバックという仕様でも良かったかもしれません。
でも、これは自分で指定した仕様ですし、概ね満足してます。

それと裸足だと革が硬い+裏に擦れて足(甲から指に間接付近に掛けて)が痛いという問題が・・・
現時点ですでに何日か履いてますが、指の何箇所かが擦り剥けて瘡蓋になっている状態です(笑)
こればっかりは履き込んで革を馴染ませないとだめですね。
ブーツならまだしも、まさかサンダルでこんな問題にぶち当たるとは思いもしませんでした(笑)
もしかしたら上で書いた底と同様、元々のヌバックというのはこういった部分も考えられた仕様なのかも。
まあ、履き込めば革が馴染んでくると思うので、ブーツと同様に考えれば特に問題はないです。
今はストラップをゆるめにして対応しています。

箱みたいなものは付属されておらず、この袋に入ってました。
踵に入ったロゴと同じロゴがプリントされた布袋です。


レフトハンド/LEFT HAND レザーサンダル|の〆

ブログの記事でも書きましたが、このレフトハンドというブランドは
ゴローズのゴローさんの弟子であるダディーさんという方にレザークラフトを学んだクラフトマンが、
その後ベルトやバッグなどで経験を積んだあと独立して立ち上げたブランドとのことです。
ブランド名の「レフトハンド/LEFT HAND」は、もちろんそのクラフトマンが左利きということが由来になってます。
まだ取扱店も少なく、レザーサンダルの分野ではビルケンなどに比べるとメジャーとは言えない存在かもしれませんが、
今後更なるラインナップの充実化や、個人的にはサンダル以外でも面白いアイテムなんかのリリースも期待しています。

この夏はもうこのレフトハンドのレザーサンダルを履きまくろうと思ってます。
夏以外の季節でもこれからコンビニやちょっとした外出時には大活躍しそうです(笑)
09.8/10




ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション