安藤製靴:JEREMY/ジェレミー

投稿ブーツの第3弾は安藤製靴のJEREMY/ジェレミーです。

投稿ブーツ第3弾頂きました!
今回初投稿のキロロさんより安藤製靴のJEREMY/ジェレミーをご紹介致します。

安藤製靴のブーツは僕もすでにアップロードしてあるZUを履いてましたし、
ブーツビギナーも手を出しやすい価格設定はもちろん、
国内の自社生産によって生み出されるそのクオリティーの高さは、
既に何足もブーツを所有しているマスターまで満足できるものだと思います。
また、メイドインUSAの荒い作りはイマイチ好きになれないといった方にもおすすめできますね。

そんな安藤製靴のNEROシリーズではZUに並ぶ看板モデルとも言えるのがこのJEREMY/ジェレミーで、
ウエスコのジョブマスターやホワイツのスモークジャンパーに非常によく似たデザインでありながら、
それらと比べるとだいぶ手の出しやすい価格設定を実現したハイコストパフォーマンスなブーツです。
もちろん安藤製靴が世に送り出してるですから、その辺の単に形を真似ただけの粗悪品とは格が違います。
このブーツに関しては、レザーにホーウィンのクロムエクセル(バーガンディの部分)と
サルツレザーのオイルドハーネスビーバー(ブラックの部分)をコンビ/2トーンで使用し、
(バージョンによって使用されている革は様々です)
当然、安藤製靴ですからソールとボディーはノルウィージャン製法でガッチリと結合されてます。
ウェルトはダブルステッチの仕様で、巻かれてるストームウェルトは特注のギザウェルト、
ミッドソールは厚さ2.5mmの牛革のショルダーレザー、同じくヒールにも厚さ5mmのショルダーレザー、
アウトソールはミニビブラムとも呼ばれる#430が採用されてます。

両側面の画像。
こうして見るとほんとにウエスコやホワイツに似てるな〜なんて思います。
もっと言うとレプリカジーンズと同じで、
アメリカが作り上げた偉大なプロダクツを日本の繊細さで細かい部分までパーフェクトに押し上げたという感じがします。
ただ、作りの荒さも含めそれこそがメイドインUSAやビンテージの良さであり醍醐味とも言えますし、
一概にパーフェクトなそれが良いとは言いませんが、
「こんなの待ってました!」て方も多いのではないでしょうか?

側面上部のアップ画像。
クウォーター部のバーガンディとヒールやヴァンプ部のブラックのコントラストがかっこいいです。

側面下部のアップ画像。
単に同じ革の色違いではないため、当然アジの出方も違ってます。
艶やかでありながら深く皺が刻まれたバーガンディと、
鈍い輝きを放ちながらシボの入った表面が独特な質感を醸し出すブラック。
ほんとにかっこいいです・・・

トウ部とヒール部のアップ画像。
迫力のギザウェルトやダブルステッチ、ミッドのショルダーレザーも良い雰囲気です。

下でキロロさんもコメントされてますが、
サルツレザーのオイルドハーネスビーバー(ブラックの部分)は傷が目立にくい革質らしく、
この革を傷の入りやすいヴァンプとヒール部に使用しているというのは理に適った選択と言えるでしょう。
逆にホーウィンのクロムエクセル(バーガンディの部分)は製法上傷が目立ちやすい特性を持っていますが、
それと同時に、使い込むことによって柔軟性が増してくる特性も持っていますので、
適度な柔軟性が求められるクウォーター部やシャフト部に向いてる革とも言え、
これもまた理に適った選択と言えるでしょう。

最後は角度違いのフロント画像。
この画像に限らず全ての画像に言えることですが、
所有者であるキロロさんの手により隅々まで行き届いた手入れが、
この完璧とも言えるエイジングを成し得ているのでしょう。
如何に大切に履かれていた(育てられた)のかが分かる1枚です。


安藤製靴:ジェレミー/JEREMY|の投稿者キロロさんのコメント

安藤製靴のJEREMY/ジェレミーです。
履き込み期間は1年程になります。
自分は、履いたことがあるブーツが少ないので、あまり詳しいことが分りませんが
履いた感じや、手入れ等について書かせてもらいます。
第一印象としてはとにかくゴツくて重く、とにかく頑丈な作りです。
革質については、正直良く分りません。
ただ、下の黒い部分の革は傷が付きにくいが味が出にくく、
上の茶色い部分の革は味が出やすく、同時に傷が付きやすいような感じでした。
ただ、自分は、結構傷を気にする方ですので、
傷つきやすいヴァンプ、ヒール部分に傷の入りにくい革を使ってあったことはとても助かりました。
逆にいえば、その部分は味が出にくいということですが・・・
そして、この靴は決して洒落た靴ではありません。
甲が高く、つま先が丸く野暮ったいです。
履いた感じは、スニーカーと同じサイズを履いて、
つま先の部分が若干フリーになるような感じです。
ライニングは付いていませんが、
履いているうちに毛が寝てツルツルになり脱ぎ履きのストレスは無くなりました。
ライニングが付いてない分、ブーツのクォーターが薄く、足への馴染みが良いように感じられました。
靴底は自然に沿ってて(ホワイツほどは沿っていません)歩くと、
足に靴が付いてくるようなかんじです。
ただヒールが高いので、滑りの良いインソールを入れると、
足が前に滑るような感じになり、あまりいただけません。
アイレット、フックに関しては恐らくブラスと思うのですが、
時間が経つにつれてくすんできて中々良い感じです。
まとめですが、履き心地、歩きやすさを安藤製靴ZUと比較すると、
断然ZUの方が上です。重いですし、固いですしヒールが高いですし、
お世辞にも履きやすく、歩きやすい靴とは言えないと思いました。
(自分の足があっていなかったからだとはおもいますが・・・)
しかし、それらを全部ひっくるめても、なぜか不思議と、非常に愛着がわくブーツです。
少し大げさですが、このブーツからは、安藤製靴さんの魂のようなものを感じました。
最後に、手入れに関してですが、履いた後はブラシで大まかな汚れを落とし、
泥などの汚れは濡らしたタオルで拭きました。
月に一度は、濡らしたタオルで靴をきれいに拭いた後、ラナパーでオイルを入れています。

キロロさん、投稿ありがとうございましたm(__)m
10.7/9



デニムギャラリー内で紹介している他の安藤製靴
ZU JEREMY/ジェレミー


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション