PRPS:CLASSIC SELVAGE・ジーンズ

PRPSのジーンズ、CLASSIC SELVAGEです。

デザイナーズ系クラフトデニム第4弾!PRPSのCLASSIC SELVAGEです。

ブランド名のPRPSは「Purpose」の略、または「Purple Products」を表したものらしいです。つ
まりは紫ってことですね。フンフン。

PRPSは、MECCA、NIKE ACG、10DEEP等のデザイナーが集結して立ち上げられたブラン
ドAKADEMIKS(アカデミクス)のデザイナーの1人
「Donwan Harrel」と日本人デザイナーの2人により新たに立ち上げられたアカデミクスのハイエンドラインで、
ビンテージジーンズファンも納得させ、そして何より自分達が本当に穿きたいジーンズを作りたいという思いから
ニューヨークに本拠地を構え、2002年にスタートしたブランド。
そして行き着いたのが日本が世界に誇る岡山産のデニム。つまりは逆輸入ブランドなんです、このPRPSというブランドは。

アカデミクスというブランドはまるっきりのHIP HOP系のブランドですし、
実際、このPRPSもそういったお店によく置いてあるのですが
このジーンズはむしろ自分みたいなマニアが喜ぶものではないかと思います。
最近はセレクトショップにも入荷され始めてるらしいので、脚光を浴びる日もそう遠くないのかもしれませんね。

まずデニム生地ですが、そこはやはり岡山。
デザイナーズ系ブランドだからと言って全く手抜きはありません。
むしろ今まで紹介したどのデザイナーズ系クラフトデニムよりもレプリカっぽい作りです。
しっかりとタテ落ちしてくれそうなデニムです。
ちなみにお馴染みのジンバブエコットンデニムなので穿き心地も文句なしです。

次にシルエットについて。
これは驚いたと言うか、ある意味なるほどとも思ったのですが、一言で言えば「太い」です。
PRPSはデザイナーズブランドと言ってもやはりHIP HOP系のブランドなんですよね。
ご存知のようにB系と言えばダボダボ系のジーンズが主流なわけでして、
細身のジーンズというのは御法度な世界ですよね。
だからこのジーンズもそういった流れを汲み太い作りなのかなと思います。
ただ、太いと言ってもB系のようにオーバーサイズでダボダボ穿く訳ではなく、
ジャストサイズを選択すれば、まさしくXXモデル〜大戦モデルのようなシルエットなんですよ。
これが狙ったものなのかたまたまなのかは分かりませんが、シルエットの部分でもレプリカに近いです。



デザイナーズ系クラフトデニムの特徴として面白いディテールが挙げられると思いますが、
このPRPSのジーンズも例外ではありません。

まず、フロントボタンを見て下さい。このカラフルさ!
トップボタンを含め全て異なったカラーのボタンが付いてます。
これは実に面白いというか非常に気に入った部分です。
ストーミーブルーの421も異なったボタンがランダムに付けられていますけど、
このカラフルさのインパクトはそれ以上でしょう。

次にリベット。フロントポケット周辺、そして微妙な位置の股リベット等、
表に見える部分はなんと全てブラックラッカー処理です。
(画像1段目真ん中、画像2段目右、参照)
いや〜、これも面白いですね!
リベットにブラックラッカー処理をしているブランドって今まで見たことないですし、
ブラックラッカーというのがまた渋い(笑)
これがまた全体の雰囲気を引き締めてるように思います。

内タグ(画像2段目左)にはなんと日の出マークと紫製品の文字が(笑)
この「紫製品」は冒頭でも書いたPRPSの「Purple Prodcts」のことでしょうね。
それにしても日の出マークといい紫製品の文字といい、アメリカ人が好きそうな日本のイメージですね。

革パッチ(画像2段目真ん中)は以外にもシンプルです。ブランド名のPRPSが焼印されてます。
デザイナーズ系クラフトデニムの特徴なのか、やはりこの革パッチもでかいですね(笑)
ちなみにNO.078というのは品番ではなくシリアルナンバーらしいです。

タブ/ピスネーム(画像3段目左)はここまでくるとやはりな紫。
取り付け方が変わっていて、タブをポケット上からジグザグステッチで縫い付けてしまってます。

ポケットスレーキ(画像3段目真ん中)はなぜか迷彩(笑)
ここまできたら紫のネルあたりにして欲しかった気もしますが、普通じゃないので合格としましょう(笑)

最後は耳(画像3段目右)こちらは期待通りの紫耳です(笑)


これがお気に入りのポイントであるフロントボタン。
全てロゴ入りのドーナッツボタンで、カラーが異なります。


モデル名はわかりませんがPRPSの色落ちサンプルです。↓(クリックで拡大します)




グリーンっぽい色合いで繊細な縦落ちが見られる独特な色落ちですね!
中々面白いのではないでしょうか?


PRPS:CLASSIC SELAVAGE・ジーンズ|の〆

このPRPSのジーンズも実にディテールが面白いです。
デザイナーズ系ブランドだからこそ思いつく発想と言えるでしょう。
ビンテージを忠実に再現するというレプリカジーンズ的な解釈では絶対思いつかない発想です。
でも以外にも細部をよく見ればレプリカっぽいディテールなんですよね。
遊び心はあるものの、隠しリベットやVステッチ、縫製仕様は紛れもないXX仕様なんです。
そういう意味では、遊び心をたっぷりと加えたレプリカと言えるかも知れないです。

このPRPSのジーンズも普通のレプリカには飽きたという方に是非おすすめしたいジーンズですね。
07.1/15




ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション