アタリ、ヒゲ、ハチノス

基本的な色落ちのメカニズムが分かったところで、次は部分的な色落ちについてお話します。

アタリ、ヒゲ、ハチノス

ジーンズの世界ではよく聞く言葉ですが、これらがどうやって表れるのか考えてみます。

まず、「アタリ

これは縫い目部分やモノを入れた箇所等の凸部に表れます。
縫い目部分ですが、まず洗濯すると生地や縫製糸が縮みます。
しかし、縫製で縫い付けられて固定されてるぶん、縮む力と縫い付けの力が反発しあい凸凹が表れます。
当たり前ですが、ポケットにモノを入れればそのモノの形ぶんの凸が表れます。
凸部にはより強いテンションがかかるので部分的に色落ちが進行します。これがアタリとなる訳です。
ただし、ポケットにモノを入れた場合はそのモノとデニム地が直接擦れる事でも色落ちしてきますが。

次に「ヒゲ」と「ハチノス」

これは穿いてできた股部や腿部の皺が癖となって残り、
動く度にその部分にテンションがかかり、下の画像のように皺状に色落ちが進行したものです。
例えば色のついた折り紙を想像して下さい。
折り紙を折ると折った部分の先端はどうなりますか?
下地の色が見えてきますよね?
何度も同じ部分を繰り返し折れば色はより剥げてくることでしょう。
基本的にはヒゲもハチノスも原理は同じです。

どちらも生地にかかるテンションによって表れるのです。

部分的に強いテンションがかかることにより、その部分だけ色落ちの進行を進めるのです。
その結果、色落ちが早い部分と遅い部分(テンションがかかる部分とあまりかからない部分)
の差が明確になってきた時に「アタリ、ヒゲ、ハチノス」が表れるのです。

ですから、洗濯をしないとアタリはなかなか表れてこないし
皺が定着しないと「ヒゲ」も「ハチノス」も表れてきません。

色落ち研究所
其の一:簡単な基礎知識編 其の二:色落ちメカニズム編
(1)生地と織り (2)インディゴと染色 (1)剥がれ落ちていくインディゴ (2)アタリ、ヒゲ、ハチノス (3)縦落ち
其の三:洗濯編 其の四:サイズ編 其の五:自分なりの結論編
(1)洗濯が及ぼす色落ちへの影響 (2)洗剤 (1)ジャストサイズとオーバーサイズ、シルエット (ラスト)ジーンズの色落ちは深い。。。


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション