エヴィスジーンズの歴史と魅力

エヴィス/エビスジーンズ│EVISU JEANS

レプリカジーンズブームの牽引者とも言えるエヴィス/エビスジーンズが誕生したのは1991年。
ジーンズ好きなら誰もが知っている、あの坊主頭で強面の山根英彦氏によって立ち上げられた。
山根氏はメディアへの露出も多いし、あのインパクトなので一度見たら忘れられないだろう(笑)

エビスジーンズを立ち上げた山根氏は、まず大阪のアパレル会社に就職。
その会社の中で自社オリジナルジーンズを企画したところ、これがボツ。
しかし、デニムは既に発注してしまっていたし、企画もスタートしてしまっていたため、
しかたなく現在の会社を立ち上げたそうだ。
最初のオーダーは300本。
そのうち半分にあのペンキステッチを入れたと言う。これで無地とペンキステッチの2型が完成。

エビスジーンズと言えばの有名なペンキステッチを採用した経緯には深い理由はないらしい。
当時、幻と言われていたペンキステッチを、壁塗りで余ったペンキで自分で書いちゃえみたいなノリだったようだ。

発売当初のエビスジーンズは、革パッチはおろか赤タグや織りネームも付けられなかったと言う。
これは完全な資金不足によるもので、デニムや縫製に力を入れたのでパーツまでお金が回らなかったという話だ。
そこに山根氏のセンスというかアイデアが注がれたのがペンキステッチだ。これは自分で書くため資金は必要なかった。
当初2型あったジーンズが小売店からペンキステッチ入りの方が回転率が早いと喜ばれ、
次第にそのペンキステッチこそがブランドの代名詞へとなっていった。

時は90年代前半から半ば、空前のエビスジーンズブームが派生。
街にはペンキステッチと、当時エビス穿きと言われたロングなロールアップ穿きをした少年が溢れた。
このエビスブームから90年代半ばへのレプリカジーンズブームへの流れはみなさん御存知のとおり。
(当の管理人もその頃ちょうど中学生でブームに便乗。お年玉を握って買いに行きました(笑)
私が一番最初に買ったレプリカジーンズは実はエビスジーンズなんです。
それよりも前にリーバイスの702XXを買いましたが、いわゆるレプリカとしてはこのエビスジーンズが最初ですね)

エビスジーンズの魅力はなにもそのブランドアイデンティティとなったペンキステッチだけではない。
色落ちにも独特のものがあり、その深く染まったデニムは緑っぽく(青緑と言って良いだろうか)色落ちしていくのだ。
この色落ちも賛否両論を巻き起こしたが、
その頃中古加工で緑色の染料を乗せるトッピングが流行したのは事実である。
ペンキステッチを見なくても色落ちを見ただけでエヴィスジーンズと分かる独特の色落ちがそこにはある。
純粋なインディゴブルーって感じの色落ちではないが、これはこれで個性的だし管理人的には嫌いじゃない。

そしてエビスジーンズ最大の魅力というか面白さは「遊び心」これに集約されるだろう。
ジーンズという制約が多いウエアでも最大限の遊び心を発揮しているのだ。
時にそれは奇抜にも見えるデザインで登場する。
人の好みだから良し悪しは別として、このチャレンジ精神は評価に値すると言って良いだろう。
他のレプリカジーンズブランドがどうしても”リプロダクト”の呪縛からなかなか逃れられずいる中、
エヴィスは、しっかりと”デザイン”をしている。
こうしたブランドはレプリカジーンズブームを支えたブランドの中ではエヴィスをおいて他にはないだろう。
そんなことこもあってか、アメカジファンに限定されず
様々なファッション分野において人気を誇ってるのもエビスジーンズならではの特徴だと思う。

また、エビスジーンズと言えばそのワールドワイドな展開にも注目されるだろう。
ヨーロッパを中心にアジア諸国、果ては本場アメリカまでを席巻したその実力はだれもが認めるところだろう。
ここまで海外で成功したブランドも同じくないと言える。
これはエビスジーンズが、やはり”リプロダクト”ではなくデザインされたジーンズだからだろうか。
「技術力や再現力」というよりも「デザイン」で認められたということだろう。

ただし、なにもエビスジーンズの魅力が海外にも認められたその奇抜なデザインというだけではなく、
ワークウエアだったジーンズ本来の理もしっかりと果たすことのできる品質の高いジーンズだということも忘れてはいけない。
エヴィスジーンズは滅多なことでは破れないし壊れてこない。ただのデザインジーンズではないのだ。
これは縫製工場を自社で持つという、これまた他ブランドから考えれば前代未聞な試みがなされてるという部分も大きいかもしれない。
自社のジーンズは自社工場(提携工場もある)で縫製を行い、
徹底的に品質管理されてるからこそ、自信を持って高品質を謳えるのだ。
ワークウエアだったころの高品質をキープしながら独特な色落ちやデザインをスパイスとして添えてると考えるのが良いかもしれない。
あくまで巷に溢れてるデザイン先行のデザイナーズジーンズとは一線を画すのだ。
この辺は実際にエビスジーンズを穿き込んでみればおのずと理解できる事実である。

現在は通常のラインに加えてDONNAというレディースライン、
そしてインターナショナルラインとしてEVISU EURO等がある。
また、エビスジーンズがそこで終らないのが釣りやゴルフといった趣味までブランド化してしまうところにある。
山根氏は芸能人やミュージックシーンとも繋がりが深く、
芸能人自身がオーナーにまでなってしまったショップまである。
実際、テレビや雑誌等のメディアでも芸能人がエヴィスジーンズのウエアを着ているのを良く見ませんか?
一体どこまで快進撃を続けるのだろうかといった勢いだ。

正直なところ、近年のエビスジーンズはアメカジファンからの支持は下降の一途を辿っているが、
その多方面での快進撃がこれからも途切れる事はないだろう。

ちなみにエビスジーンズには、現在ウエアハウス代表の塩谷兄弟が在籍していた事もあることは有名な話。


エビスジーンズ│EVISU JEANSの生地
NO.0 防縮、ケバとり等の加工を一切していない生の素材。荒々しいネップが特徴
NO.1 戦前の希少な力織機で織られたビンテージ使用。防縮加工はなし。
NO.2 力織機で織られてはいるが防縮加工ありの入門用。
NO.3 革新織機で織られたローコスト仕様。耳はなく赤い糸でロックされている。防縮加工あり
エヴィスジーンズ│EVISU JEANSの定番ジーンズラインナップ(EUROラインは除きました)
2000(スマートなストレート。2001より細身)
2001(エビスジーンズの大定番とも言えるワイドストレートタイプ)
2004(1930年代を意識したバックシンチがつくタイプ。シルエットは2001と同じ)
2005(スリムストレートタイプ。メンズラインでは最も細いシルエット)
2017(ブーツカットタイプ)
2101(カウボーイをイメージした左綾モデル。ペンキもレイジーSに近い形が採用されている)
YAMANE DELUXE(NO.0デニムを使用したモデル。ディテールもかなり個性的)
DONNA 2001(2001のレディースライン版。ただしシルエットは細身に変更されている)
DONNA 2000(2000のレディースライン版。こちらもシルエットは細身に変更されてる)


デニムギャラリー内で紹介しているエビスジーンズ/EVISU JEANS
2000/NO.1 2001/NO.1
ワールドコレクションズギャラリー
2000
2001
etc..
.



ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション