ドゥニーム(DENIME)大戦モデル

ドゥニームのジーンズ、大戦モデルです。

友人J氏のジーンズコレクションを公開する「J'S DENIM COLLECTION」の第2弾は
このDENIME(ドゥニーム)の大戦モデル。
どうですかこの色落ち・・・素晴らしいとしか言いようがないですホント。
J氏の育てたジーンズはどれもかっこ良いんですが、このドゥニームの大戦モデルにもちょっと驚きました。

ドゥニームの代表モデルとしてはなんと言ってもXXモデルが最初に頭に思い浮かびます。
その次は66モデルでしょうか。
正直、ドゥニームの大戦モデルってそれほど人気があるモデルではないですよね。
それは何故か考えてみたんですけど、シルエット等の流行的な問題もあるでしょうが、
それよりもこの大戦モデルを見て思ったのですが、色落ちですね。
ドゥニームのジーンズと言えばやはり色の濃淡が激しく表れるへヴィーデニムというイメージがあります。
実際、XXモデルはそのイメージ通りの色落ちを見せてくれますし、それが最大の売りだと思うんです。
しかし、この大戦モデルはそんなドゥニームのイメージとは異なった趣です。
まず、生地がXXモデルとは全く違いますね。この大戦モデルはオンスは軽めで凸凹も控えめ、ソフトな風合いです。
そして染めも浅めですね。画像を見ればお解かり頂けると思いますが、爽やかな水色に褪色していってます。
この一般的なドゥニームのイメージとは異なった色落ちが人気に関係しているのではないかと・・・
僕がここで言いたいのはどちらが良いとか悪いとかではなく、
ドゥニームを買うお客さんはドゥニームのジーンズに何を求めて買うのか?ってことです。

まぁ、ここまで書いといてなんですが、僕にとってはそんな事はどうでもいいんですよ(笑)
まず僕の意見を言わせてもらうと、
このジーンズの色落ちを評価する決め手は「かっこ良い」か「かっこ悪い」かの二択なんです。
ブランドがどこかとかイメージがどうとか関係ありません。
そして僕はこのジーンズの色落ちを「かっこ良い」と思いました。それで良いんです。



DENIME(ドゥニーム)大戦モデル|の〆

この大戦モデルは実は現在販売されている現行の大戦モデルとは違うんですよ。
現行の大戦モデルは15周年記念モデルと同じ生地で、スレーキもオリーブドラブのヘリンボーンツイルに変更されています。
フロントボタンもトップボタン以外はドーナッツボタンに変更されてますね。
要はこの大戦モデルは1世代前のモデルってことになるのでしょうが、それほどコンセプトが変わったようには感じませんね。
15周年記念モデルの生地もこのような爽やかな水色に褪色していく生地なので、
やはりドゥニームの大戦モデルに対するコンセプトはそういったものなのでしょう。
はっきり言ってしまうと、ドゥニームの一般的なイメージの色落ちはオリジナルとはかけ離れたものです。
そういった意味ではこの大戦モデルの方が、オリジナルに近いと思いますね。
僕はどちらのドゥニームも好きなんですけど(笑)

ただ、一つこのジーンズの不満を挙げるとすれば縫製糸かな〜。
ほぼイエローで統一されているんですけど、ちょっと褪色しなすぎですねこの縫製糸は。
折角ここまでかっこ良い色落ちなのに縫製糸のイエローが目立ちすぎます(笑)
もうちょい堅牢度を落とせば良い感じになると思うんだけどな〜。
現行の大戦モデルではこの辺解消されているのでしょうかね?
06.12/17



デニムギャラリー内で紹介しているドゥニーム/DENIME
XXモデル XXモデル
まとめて2本
66モデル 66モデル&XXモデル 大戦モデル 201 デニムスニーカー
ワールドコレクションズギャラリー
66xx
xx
色落ちレポート
506/1st
 506
ファースト


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション