INDEX


ウエアハウス(WARE HOUSE)

1995年にヴィンテージウエアの再現を目指して創業されたブランド。
ヴィンテージに近づけるためにとことん拘りぬいて作られたアイテムは多くのヴィンテージファンも唸らせた。
ジーンズでは1001XXや1002、1000[1000XX]等が有名。
さらに詳しくは当サイト内の「ウエアハウス ジーンズの歴史と魅力」をご覧下さい。

ウエスターナー

Lee/リーが1959年に発表したコットンサテンシリーズの名称。
ホワイトサテンやレアなブラックサテン等マニアに根強い人気を誇る。

ウエスタンシャツ

作業着のジーンズがウエスタンルックとして人気を集めた1930年代に命名された。
スカラップド・ヨークをつけ、飾りボタンでアクセントをつけたチェックやダンガリーのものが代表的。

ウエスト

ジーンズではウエストバンド1周の長さのことを指す。主にインチ表記で表される。
サイズ選びではまずこのウエストを基準にして選ぶのが常識(レングスは後で裾上げする場合が多い)
ショップ等が独自で行う実寸には、内径を測る場合と、平置きにした状態で直線を測りそれを2倍にした場合とがあり、
同じ品でもショップによって多少ズレが生じる場合があるので要注意。
パッチに表記されているWがウエストに当たる。Lはレングス。

ウエストオーバーオール

まだ、ジーンズという呼び名がなかった頃、ウエスト丈のパンツ(今で言うジーンズ)のことを
ウエストオーバーオールと呼んでいた。今現在の胸当て付きのオーバーオールはビブオーバーオールと呼ばれていた。

ウエストバンド

ジーンズのウエストをホールドする部分で、腰にフィットさせる重要パーツ。
ベルトループ装着前はサスペンダーボタンが付けられていた。古いジーンズのウエストバンドには、
上がシングルステッチで下がチェーンステッチの縫製がよく見られ、後に上下チェーンステッチに移行していった。

ウォッチポケット(同意語「コインポケット」参照)
打ち抜きリベット

凸部リベット凹部バーの間にデニム生地を挟み、凸部リベットのほうから打ち抜いて固定したもの。
大胆に打ち抜くので、凸部と一緒に糸がはみ出してくる現象が見られ、それがヴィンテージとしての味となっている。
歴史的には、ジーンズのファッション化に対応し、受けの部分にカバータイプのものを使用するなどして
荒々しさを取り除くためのパーツ開発が行われ進化していった。

裏耳

リーバイスの1st、2ndなどに見られるヴィンテージディテールで、前たて部分裏側のセルヴィッジのことを指す。

裏リベット(同意語「隠しリベット」参照)

ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション