INDEX


2nd(セカンド)

1950年代前半から1950年代後半まで製造されたリーバイスのデニムジャケットの俗称。
品番は507XXで、1stとの違いは、ポケットが2つになり、身頃調整がシンチバックからサイドアジャストへ、
ポケット裏もリベット留めからカンヌキ処理へと変更された。
また、短い製造期間だが、前期と後期に分けられ、革パッチが前期モデル、紙パッチが後期モデルとされる。
その完成されたデザインは人気が高く、レプリカ市場では最も人気のあるデニムジャケットと言えるでしょう。

セミオートマ

1960年代のデニムによく見られるジッパー。
引き手を下にするとロック、上にすると解除され開くシステム。

セルヴィッジ/セルビッチ/セルビッジ/セルビッヂ

織り端がほつれないよう施された生地の耳のこと。
この耳の部分に色糸で施したラインにより赤耳、青耳などの呼び名が生まれた。
これは生地納入メーカーが納入先を区別するために行った仕様といわれる。
リーバイスの赤耳、リーの白耳や青耳、ラングラーのゴールド耳などが有名。

繊維長

糸は繊維から作られているが、その繊維の長さが糸、さらには織布された生地の性質を左右する。
細く長い繊維を集めた場合はしなやかな風合いとなり、逆に太く短い繊維で糸を作るとざっくりと毛羽だった生地が織り上がる。
短繊維はステープルとも呼ばれ2cm以下の長さのもの。長繊維は2cmから6cmまでの長さでフィラメントと呼ばれる。


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション