INDEX


コアヤーン

ポリエステル糸の使用はジーンズの強度を増したが、インディゴとの馴染みの部分では綿糸にはかなわない。
そこで開発されたのがコアヤーン。これは糸の表面に綿糸、芯の部分にポリエステルフィラメントを使用する
という画期的な手法。ストーンウォッシュなどの洗い加工の発達が生んだ糸といえる。

コインポケット

フロントの右ポケット部に施された小さなポケットのこと。当初は懐中時計を収納するために考案されたため
ウォッチポケットと呼ばれていたがリストウォッチの普及と共にコインポケットと呼び名が変わった。
ジーンズの原型であるリーバイスの501では1890年にウォッチポケット、1905年にバックポケットをふたつにするという
順番で5ポケットスタイルが完成された。リーバイスのホームベース型、開口部の広いリータイプ、
そしてパッチ式を廃したラングラーの内蔵型などブランドによる形状の違いもある。

合成インディゴ

1880年にA・ボン・バイヤーによって開発された染料。
藍と科学的な分子構造は同じ。不純物がまったくない藍と言えよう。
あの有名な501XXも天然藍ではなく、この合成インディゴによってロープされていた。

腰穿き

本来、ジーンズを腰骨にひっかけて穿く事を呼んだのであろうが、現在の腰穿きとはそれよりも下で穿く事を指す。
パンツなどが見えてもお構いなしに下げて穿くというスタイルが若者の間で定着した。

コーデュロイ

別名コール天と呼ばれる織物。
生地の畝があり、この間隔が広いものを「太コール」、狭いものを「細コール」と呼ぶ。
フランスの王が家臣の制服に使った事から「コール・デュ・ロウ」(王の畝)と呼ばれたのが語源。

コットン

デニムを織る糸の原材料となる綿のこと。熱帯、亜熱帯に位置する80ヶ国以上で生産されており、
初めて栽培されたのは4000年前のインドとされている。
花が枯れた後にできる実が熟して白いわたが出てくるが、これがコットンボールと呼ばれる綿花。
この綿花から種子を取り除いたモノが原綿として集められ、紡績工場で糸へと加工される。

コーマ糸

細い糸を作るときは、コーミングという行程を行います。
これは線の長い繊維だけを取り上げて糸にする行程ですが、この工程を経て強くて細い糸やミシン糸を作る事が出来ます。

501/501XX(ゴーマルイチ/ゴーマルイチダブルエックス)

リーバイスが、1890年代後半、まだジーンズではなく「オーバーオール」と呼ばれていたパンツにつたロットナンバー。
100年以上経った現在も、501は少しづつ形を変えながらも存在する。
このジーンズがなければ現在のジーンズは存在しなかったと言っても過言ではない。全てのジーンズの原点。

コール天(同意語「コーデュロイ」参照)
コーンミルズ社

リーバイスにおいては1915年頃まではアモスケイグ社からデニムを調達していたが、
それ以降はコーンミルズ社のデニムを使うようになる。1922年以降はコーンミルズ社のみの取引となったとされている。

コンシールリベット(同意語「隠しリベット」参照)
コンマー

ジッパーブランドの1つで、1930年代に誕生し1950年代にはかなりのシェアを持つようになった。
アーミーウエアによく付けられていたことでも有名。


ジーンズサイト|デニムギャラリー:MENU BAR
ジーンズサイト
デニムギャラリー
トップ
マイ・デニムコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
正規取扱販売店
公式サイト
リペアショップ
ジーンズサイト
等へのリンク集
色落ち研究所 デニムログ 掲示板/BBS mail What's new
更新履歴
ワールド
コレクションズ
ギャラリー
投稿デニム
管理人以外の
ジーンズコレクション
色落ちレポート
色落ちサンプル
ブランド別リンク ジーンズ/デニム
アメカジ全般
本の紹介
ブーツ、ウォレット
ベルト、その他ウエア
コレクションと
エイジングレポート
ジーンズ/デニム用語集 デニムグッズ
デニムスニーカー
コレクション